エフェクター/ペダル

JPG ハンドワイヤードペダル

ナチュラルセレクター スイッチボックス(Aオンオフ/Bオンオフ)

ナチュラルセレクター スイッチボックス(Aオンオフ/Bオンオフ)

2チャンネル仕様のループセレクターペダル。

複雑なエフェクターの連結を瞬時に切り替えられる超便利なアイテム。
例えば、EQ-リバーブ-コンプと3つON状態で連結したエフェクターをディストーションのみに切り替えるとすると、通常だとON状態の3つを踏んで解除して、さらにディストーションを踏まなければなりません。
つまり4回踏む動作をする事になるので、演奏しながら一瞬で切り替えるのは物理的に不可能です。
しかしch.Aにその3つを接続、ディストーションはch.Bに接続していれば、解除せずにThe Natural Selectorのセレクタースイッチを一度(※1.)押すだけで3つを解除と同時にディストーションをONにするという事が瞬時に行えます。
しかも使用していないエフェクターに信号を通す必要がなくなるので音質の劣化も抑えられます!


しかしながら、この類のループペダルは結構市場に出回っています。
ではJPG製が他のループペダルに比べて一体何が優れているのか。

まず、JPG Anti-Popサーキットを搭載している事。
トゥルーバイパススイッチという物はその性質上どうしても切り替えの時に大きな「ボンッ!」という音がなってしまします。
歪系のペダルに切り替える時にはその歪の音質に隠れて気になりませんが、曲の静かな場面でボンッ!なんて鳴ってしまったら雰囲気が台無しですよね。
それをJPG Anti-Popサーキットは独自の回路によって、音質を劣化させる事なくそのノイズのみを取り除きます。

パーツに関してですが、JPGでは基本的に我々が最良と信じている物しか売りません。
さまざまな3PDTスイッチを実際に踏んで試して、耐久性や音質面で試行錯誤しました。
現在殆どのペダルに搭載しているのはGarret Audioという店から取り寄せた、確りとした踏み心地と、確かな耐久性を感じさせてくれる作りの良い物です。
わざと全体重を乗せて踏んでみたり落としてみたり、結構荒っぽいテストにも壊れる事なく耐え抜いてくれました。
接点がゴールド仕様なのも電気信号をスムーズに通すのに貢献している要素ですね。
一見地味なポイントですが、蓄光ワッシャーを搭載しているのも、暗い所でもペダルの位地が一目瞭然です。
ジャックは頼れるSwitchCraft製。
配線はNOSの物から現行の様々なメーカーの物を試しましたが、最終的にBelden24ゲージに落ち着きました。

※1. The Natural Selectorは2タイプあり、本品は左側にAチャンネルのON/OFFのスイッチ、そして右にはBチャンネルのON/OFFのスイッチを搭載しています。
AとBチャンネルを同時にON、または片方だけON、全てOFFが可能となります。


*JPGペダルのオーダーについて、
パーツ類はほぼ常時ストックしておりますので、ウェブサイトで売切れと表示されているものも、メールをいただければすぐに製作いたします。
全てのパーツ類のストックがある場合はその日のうちに製作できる場合もありますし、通常2、3日で製作できます。
お気軽に問い合わせください。

Sold Out ¥ 10,260