エフェクター/ペダル

JPG ハンドワイヤードペダル

ビッグスクイーズ コンプレッサー

ビッグスクイーズ コンプレッサー

JPG コンプレッサー関連3種類の中で最も多機能な"The Big Squeeze"
これは簡単に言うと、The Litte Squeeze, そして The Ball Breakerの機能を両方兼ね備えたマルチな奴です。
コントロールはThe litte Squeezeにも備わっているRatioとLevelは勿論、その他に"Attack","Release"が追加されています。
アタックとリリースは、入力された信号に対してコンプレッションがかかるまでの時間と、コンプレッションを解除するまでにかかる時間を設定する事が出来る物です。
例えば、アタックを速めに、リリースは遅めに設定すると、常にコンプレッションがかかった状態になり、カッティングやコードワーク等、格弦の出力を均等に揃えたい時や、タッピングを絡めた奏法等、通常は出力がどうしてもバラついてしまう時に役立つセッティングとなります。
逆に、アタックを遅め、リリースを速めに設定すると、コンプレッションがかかり始めるまでに原音のアタックはエフェクトを通過しますので、ピッキングする度にコンプレッションがかかり直す、非常にパーカッシブで気持ちの良いコンプレッションとなります。
これはベースのスラップ奏法や、ギターの低音弦のアタックを際立たせたい時に役立ちます。
勿論これらのセッティングは両極端ですので、色々なセッティングであらゆる状況に、楽器に、有効的です。

4つのノブの下に設置された二つのスイッチですが、片方はBrightスイッチ。
これはハイパス回路に切り替わる事によって、時々コンプレッションが素早く掛かるのを妨げてしまう無駄な低域をカットしてより素早い、気持ちのいいコンプレッション感を得るための物。
もう片方のSqueeze/BBスイッチは、通常のコンプレッションモード、そして"The Ball Breaker"モードへ切り替えられるようになってます。

Little Squeezeよりも使いこなすのが難しいペダルですが、これ一台で本当に色々な事が出来ますので、貴方がどんなギタリストであれ必ず役立つ事でしょう。

※コンプレッサー全般に関して
コンプレッション(圧縮)というエフェクトは文字通り音を圧縮します。
大きな音を既定若しくは指定した数値以上大きくならないように蓋をして、同時に小さな信号は既定若しくは指定された数値の分底上げされます。
結果的に音量は均等に保たれようとしますので、単音弾きであれば一音一音の存在感が増し、綺麗に並びます。
コードであれば、通常弦のゲージや押さえるフレットによって強調される周波数が違うのでどんなに演奏が上手な人であっても、各弦の音量、衰退加減は不揃いです。
しかしコンプレッションを与える事によって各弦の音量をより均等に整える事が出来ます。
ダイナミックレンジが狭まるので必ずしも常にコンプレッションをかける事が良いという事ではありませんが、コンプレッサーを使用する事でしか得られない質感、音色という物が確かに存在していて、これを正しく使用すれば本当に気持ちの良い、一味も二味も違うギター/ベースサウンドが得られるのです。
音の物理的なダイナミックレンジを狭めるという性質のあるエフェクトを使いこなす事こそが、結果的には奏法の、そして表現のダイナミックレンジを広げる事になるのです。


JPGペダルシリーズは、全品トゥルーバイパス、ハンドワイヤード、厳選した高品質パーツのみを使用。
トゥルーバイパスにつきものであるポップ(スイッチングノイズ)対策としてJPG設計のアンチ-ポップサーキットをフィーチャー。
基本仕様は、音質の安定性やコストを考えるとより良いチョイスである9V AC/DCアダプターのみの電源供給になっています。
もしどうしても必要な場合、9Vバッテリー駆動のカスタマイズも可能ですのでお問い合わせください。


*JPGペダルのオーダーについて、
パーツ類はほぼ常時ストックしておりますので、ウェブサイトで売切れと表示されているものも、メールをいただければすぐに製作いたします。
全てのパーツ類のストックがある場合はその日のうちに製作できる場合もありますし、通常2、3日で製作できます。
お気軽に問い合わせください。

Sold Out ¥ 20,520