エフェクター/ペダル

JPG ハンドワイヤードペダル

ボールブレーカー ダーティーディストーションコンプレッサー

ボールブレーカー ダーティーディストーションコンプレッサー

この商品にYouTubeのビデオの説明があります。

これはコンプレッサーではありません。笑
このエフェクターの音色(それはそれは悪質な…)を構成するのにコンプレッションが使用されていますが、それはより圧縮された図太く、大型アンプヘッドのパワー管が限界に達して悲鳴をあげている時のような圧倒的な歪みを得るため。
この類の歪みが苦手な人も大勢いると思いますが、逆にこれが好みだという人達にはたまらないでしょう。
アンプ、若しくはスピーカーが「壊れそう」な音。
しかし、ハイゲインなディストーションでよくある歪ませ過ぎて原音が潰れてしまう、というような事はなく、ピッキングアタックも失わず、コードもちゃんと分離して聞こえます。
ハイゲインディストーションのゲインをMAXにすると「ズシャーーー」というホワイトノイズにも近い雑音と化してしまいますが、本The Ball Breakerはどちらかというと「ゴゴゴゴゴ」や「ガリガリガリ」という、細かく音が途切れるような、大きく目の荒いディストーションです。
大雑把に言うと、RATやBLUES BREAKERにも共通する歪み方かも知れません。
最後にひとつ、このペダルは設定を低くすれば割と普通のコンプのように反応しますが、何処か泥臭く、どんよりとした雰囲気を醸し出した音質です。
これは一部の実験的な音楽が好きな人、若しくは遅く重たい(stoner/sludge)のような音楽に向いていると思います。

※コンプレッサー全般に関して
コンプレッション(圧縮)というエフェクトは文字通り音を圧縮します。
大きな音を既定若しくは指定した数値以上大きくならないように蓋をして、同時に小さな信号は既定若しくは指定された数値の分底上げされます。
結果的に音量は均等に保たれようとしますので、単音弾きであれば一音一音の存在感が増し、綺麗に並びます。
コードであれば、通常弦のゲージや押さえるフレットによって強調される周波数が違うのでどんなに演奏が上手な人であっても、各弦の音量、衰退加減は不揃いです。
しかしコンプレッションを与える事によって各弦の音量をより均等に整える事が出来ます。
ダイナミックレンジが狭まるので必ずしも常にコンプレッションをかける事が良いという事ではありませんが、コンプレッサーを使用する事でしか得られない質感、音色という物が確かに存在していて、これを正しく使用すれば本当に気持ちの良い、一味も二味も違うギター/ベースサウンドが得られるのです。
ダイナミックレンジを狭める性質のあるエフェクトを使いこなす事が、結果的に奏法や表現のダイナミックレンジを広げる事になるのです。


JPGペダルシリーズは、全品トゥルーバイパス、ハンドワイヤード、厳選した高品質パーツのみを使用。
トゥルーバイパスにつきものであるポップ(スイッチングノイズ)対策としてJPG設計のアンチ-ポップサーキットをフィーチャー。
基本仕様は、音質の安定性やコストを考えるとより良いチョイスである9V AC/DCアダプターのみの電源供給になっています。
もしどうしても必要な場合、9Vバッテリー駆動のカスタマイズも可能ですのでお問い合わせください。


*JPGペダルのオーダーについて、
パーツ類はほぼ常時ストックしておりますので、ウェブサイトで売切れと表示されているものも、メールをいただければすぐに製作いたします。
全てのパーツ類のストックがある場合はその日のうちに製作できる場合もありますし、通常2、3日で製作できます。
お気軽に問い合わせください。

¥ 16,200