エフェクター/ペダル

JPG ハンドワイヤードペダル

ポケットロケット クリーンブースト

ポケットロケット クリーンブースト

はい、バカみたいな名前ですね。しかし侮ることなかれ…
The Pocket Rocketは頼れる優秀なクリーンブースターです。
もしも貴方が今迄クリーンブースターを使用した事がなく、しかもチューブアンプを所有しているとしたら…とってももったいない事をしていますよ。
コレ一つでどれだけアンプの表情を変えられるか。
本当にシンプルでありながらその使い方は様々です。
あなたが超へヴィな一巻してディストーションサウンドのみ使用するストーナードゥームバンドにでも所属していない限り、必ず役に立つと言い切れます。

まずは、「クリーンブースト」についてご説明します。「クリーン」という言葉を使っていますが、決してアンプがクリーンのまま音が大きくなるという意味ではなく、クリーンな殆ど色付けされていない元の信号を出力のみを上げアンプに送るということ、つまりは一定の入力レベル以上を受けたアンプの真空管は歪みだしてオーバードライブするという事です。
「オーバードライブペダル」のようにペダルで歪ませた信号をアンプへ送るのではなく、歪んでいない大きくした信号をアンプに送ることで、アンプ本来の気持ちの良いチューブでしか得られない本物のオーバードライブを得る事が出来るという物なのです。
勿論、値を低く設定すればクリーンとオーバードライブの間、クランチ程度の控えめな歪みになりますが、チューブアンプの純粋なクランチサウンドというものは、本当に心地がいい音です。
他のどんな道具を使おうと代わりになる物はありません。
しかし中にはノブを0~2辺りの低い値に設定して、微かな音質の変化を楽しむという方もいます。
ディストーションペダルの前に接続して、ディストーションをより歪ませるという下品でありながら有効的な使用法も存在します。
言ってしまえば、使う人の想像力次第なのです。

以前まではMXRのMicroAmp(超有名)を他のどのペダルよりも多用する程の便利なマストアイテムだったのですが、やはり量産型ペダルにありがちな音質劣化という物は感じていました。
なので、「便利なマストアイテム」を「高音質で便利なマストアイテム」に変えられないかと思い、ある日自分のペダルボードからMicroAmpを引っぺがし、中を開けてみました。
中にはチープなパーツと、非トゥルーバイパスのDPDTスイッチが… 大体のレイアウトとデザインを元に、パーツや回路を品質の良い物に変え組みなおし勿論トゥルーバイパス仕様に変更し、ノイズレスなスイッチングにすべくJPG Anti-Popサーキットを搭載しました。
完成したプロトタイプとMicroAmpを比べてみると差は歴然。
MicroAmpのほうは出力を上げるのに比例して耳障りなハイが上がってきてしまうのと、その影響で低域は薄く聞こえてきてしまうという難点がありますが、プロトタイプのほうは全くそんな事がなく、最後まで芯の通ったハリのあるトーンを持続していました。
現在、存在意味の無くなったMicroAmpはJPG店内にあるテスト用アンプの台と化してしまいました(笑)


JPGペダルシリーズは、全品トゥルーバイパス、ハンドワイヤード、厳選した高品質パーツのみを使用。
トゥルーバイパスにつきものであるポップ(スイッチングノイズ)対策としてJPG設計のアンチ-ポップサーキットをフィーチャー。
基本仕様は、音質の安定性やコストを考えるとより良いチョイスである9V AC/DCアダプターのみの電源供給になっています。
もしどうしても必要な場合、9Vバッテリー駆動のカスタマイズも可能ですのでお問い合わせください。


*JPGペダルのオーダーについて、
パーツ類はほぼ常時ストックしておりますので、ウェブサイトで売切れと表示されているものも、メールをいただければすぐに製作いたします。
全てのパーツ類のストックがある場合はその日のうちに製作できる場合もありますし、通常2、3日で製作できます。
お気軽に問い合わせください。

Sold Out ¥ 9,720