エフェクター/ペダル

JPG ハンドワイヤードペダル

ドクターロック クリーンブースト/パッシブカット

ドクターロック クリーンブースト/パッシブカット

真空管ジャンキーのベストフレンド

このペダルのネーミングも安易ですね。暫く考えていたんですが、なかなかペダルの機能と一致する名前が浮かばなかったので、たまたま店内で流していたMortorheadの曲を聴いて、あ、これで良いやと思って名付けました。

さてこのペダルはなんでしょうか。

これはツインチャンネルのクリーンブースト+パッシブのボリュームカットペダルです。
片側にはJPG The Rocket Pocketと同等のプリアンプが仕込んであり、ボリュームカットのほうはギターのボリュームポットと同等の物が仕込んであります。

ギターにボリュームノブがついているのに、足元にもう一つ必要?とお思いではないですか。
理屈ではそうですが、演奏に熱中している時に細かいボリュームポットの上げ下げが毎回上手く行くかと言ったら決してそんな事はありませんよね。
プロのギタリストでもちょこちょこ微調整しているのをよく見かけます。
ペダル側で予め必要なボリューム減衰をさしておけば、ポチっと踏むだけで毎回必ず必要なだけのボリューム減衰が可能です。
それに、ブースターとあわせて使うとあらゆるレベルでブーストとカットが可能となります。

こういう使い方も出来ます - アンプを軽いクランチ程度に設定しておいて、プリアンプのブーストでオーバードライブに押し上げる、又はクランチからカット側を踏んで入力レベルを下げ、クリーンに引き下げる。
どちらも本当にナチュラルで、1チャンネル仕様のアンプがまるで複数のチャンネルを搭載しているかのように扱えます。

ココで一つ説明しておきたいのが、カット側のチャンネルがパッシブだとしたら…ある一定の抵抗値のポットを通るわけだから、ハムバッカー若しくはシングルどちらかにしか適切ではない数値なんじゃないか?と… 心配は無用です。
Dr.Rockのスタンダードモデルにはカスタマイズしたスタックポット(別の抵抗値をもつ二つのポットを重ねてあります)を搭載しており、片方は250kもう片方は500kのポット、その二つを切り替えられるトグルスイッチを設置してあるのでテレキャスターであれレスポールであれ、スイッチを切り替えるだけで使用しているギターに適切な抵抗値のポットを使用できます。
更に、もしもあなたがハムバッカーのギター、若しくはストラト、シングルコイルのギターのみを使用する方なのであれば、カスタムテイパーのBareKnuckle/CTS potを装備したDr.Rockモデルをお作りする事もできます。

解説文を読んでもまだピンときていなかったとしても、一度ペダルボードに組み込んだらこれ無しではいられない程に便利で実用的なペダルだという事にきっとお気付きになると思います。


JPGペダルシリーズは、全品トゥルーバイパス、ハンドワイヤード、厳選した高品質パーツのみを使用。
トゥルーバイパスにつきものであるポップ(スイッチングノイズ)対策としてJPG設計のアンチ-ポップサーキットをフィーチャー。
基本仕様は、音質の安定性やコストを考えるとより良いチョイスである9V AC/DCアダプターのみの電源供給になっています。
もしどうしても必要な場合、9Vバッテリー駆動のカスタマイズも可能ですのでお問い合わせください。


*JPGペダルのオーダーについて、
パーツ類はほぼ常時ストックしておりますので、ウェブサイトで売切れと表示されているものも、メールをいただければすぐに製作いたします。
全てのパーツ類のストックがある場合はその日のうちに製作できる場合もありますし、通常2、3日で製作できます。
お気軽に問い合わせください。

Sold Out ¥ 12,960