エフェクター/ペダル

ThorpyFX

ThorpyFX - The "GUNSHOT" Overdrive

ThorpyFX - The "GUNSHOT" Overdrive

この商品にYouTubeのビデオの説明があります。

日本初上陸のThorpyFX、JPGがメインディーラーとして販売を開始ししました!
数々の賞を受賞してきた一流のドライブペダル4機種、配線、パーツ選択から外装、音作りの幅に至るまで、どれをとっても「完璧」に限りなく近いエフェクター達です。
*初回入荷分に関しては数に限りがありますので、購入をご希望の方は予約して頂く事も可能です(japansales.jpg@gmail.com)


The GUNSHOT Overdrive - このドライブペダルを設計した理由は単純です、市場に出回っている数百種類にも及ぶ似たようなドライブペダルの全てに勝る、最高のエフェクターを作る必要があると感じたからです。
よくある「オーバードライブ」の殆どは、チューブアンプの歪みと比較すると、どうしても何かが足りない、低域が痩せてしまう、歪み方が作り物っぽい、歪ませ過ぎると音の輪郭がボヤける、という不満が多いと思います。勿論、チューブアンプとエフェクターを比較するのは少々ナンセンスな部分もありますが、このGUNSHOTの歪みを一番簡単に説明すると「チューブアンプのような」という言葉が当てはまると思います。
その理由としては、一般的なオーバードライブとは違い、精密に設計された異なるゲインステージを織り交ぜられるような仕組みになっており、実際のアンプにあるように、複数の真空管を信号が行き来するように、異なる質感の「歪み方」を両立、コントロールする事が可能です。
これにより、もの凄く幅の広いローゲインからハイゲインまでの音色を作り込む事が可能ですし、レスポンス、分離感、深く歪ませても音の芯がしっかりと残るという点は他のドライブペダルにはない特徴だと思います。
特記するべき点は、ロー/ハイゲインに関わらず、全て「使える」音だという点ですね。

見るからに頑丈な金属製のシャーシの内部は全て厳選されたパーツと、的確な配置、配線等で構成されており、コスト削減の為の妥協は一切見られません。
使用されているパーツの一部は誤差±1%の金属皮膜抵抗、Wima/Panasonicキャパシター(コンデンサー)、Neutrikジャック、Burr-Brownオペアンプ、等です。基板の接点は金メッキが施されており、最高の電導率を保証します。


*デモ動画はこのページ上部のリンクからご覧頂けます。


サイズ: (W)70mm x(L)145mm x(H)60mm

Sold Out ¥ 33,899