the ‘SS’-Switch

‘SS’-Switchとは?…

JPG独自の回路で通常のストラトで得られる全5ポジション(bridge, middle, neck, bridge/middle, middle/neck)をキープしつつ、更に二つのシリーズハムバッキング(series-bridge/middle, series-middle/neck)をスイッチ一つを切り替える事で得られるようになります。

シングルピックアップをシリーズ接続する事でどのような効果が得られるか、簡単に説明すると、出力アップ(かなりの違い)、そして図太さ、コンプレッション感です。ストラトはどのような音楽性にでも順応するギターではありますが、リフやパワーコード、押し出し感となるとやはりレスポールやハムバッカーを積んだギターにはどうしても劣ってしまいます。しかし高性能なBKPシングルピックアップをシリーズで接続すればガツンと押し出し感のある図太いサウンドが得られるようになるのです!

勿論ハムキャンセリング状態となりますので、通常のシングルコイルの状態よりもノイズレベルはかなり抑えられますし、ストラトらしからぬサウンドが得られます。という事は、初めからシリーズで接続しっぱなしにしておけば良いのでは?と思う人もいるかも知れませんが、それは違います。やはり「ストラトらしさ」にはシングルコイル独特の広いダイナミックレンジと細かなプレイのニュアンスを引き出すという長所がありますので、それを全て犠牲にしてしまうわけにはいきません。ストラトとしての機能は保ちつつ、それに加えて二つの強力なハムバッキングサウンドを足す、それがこの’SS’-Switchの魅力です。

スイッチ一つでまるでブースターや軽いオーバードライブを踏んだかのような変化が得られるのですから、ストラトをお持ちの方には是非お試し頂きたい。

勿論BareKnucklePickupsを搭載していないFender純正のストラト等でもこのスイッチは取り付け可能ですしその効能は充分に堪能頂けると思います。しかしながらやはりここJPGでは実際にBareKnucklePickupsのシングルコイルは他社と比べ群を抜いているという事を何度も自分達の耳で確かめ、心得ていますので自信を持ってオススメ致します。

またこの’SS’-Switchの搭載と同時にBareKnucklePickupsのお買い上げを検討されてる方には、オプションでベースプレート付きのシングルピックアップをご購入頂けるという事を知っておいて頂きたいです。ベースプレートとは、ハムバッカーピックアップについているスチール製の土台の事で、これは磁力を広げ、ノイズを軽減する物です。「完全なストラトらしさをキープしたい」若しくは「’SS’-SwitchがONの状態の際に極限までパワー感を得られるようにしたい」と二通りの用途があると思いますが、後者の場合はこのベースプレート付きのピックアップを強くおすすめ致します。勿論、3つのピックアップ全てにつける必要はなく、ブリッジのみ、若しくはブリッジとミドルに付け、ネックPUのみ完全なストラトトーンをキープする、という方法もあります。

‘SS’-Switch取り付け費用は6000円、当店でシングルBKPをお買い上げの方は4000円で行います!

これらの事について更に詳しく知りたい方、お気軽に問い合わせください!Japansales.jpg@gmail.com

S-S switch white S-S switch black

NEW PEDALS COMING!! …the ‘VD’

JPGハンドワイヤードペダルシリーズ、最新作! ‘VD’ オーバードライブ。

以前のように全体の色はラッカーを吹き付けていますが、文字やロゴ等はデカールではなくスクリーンプリントする事にしました。(一台一台デカールをつけてまた上からラッカーを吹いて、の作業はあまりにも時間がかかるので…) Continue reading

JM7

body brass

タズマニアンブラックウッド、オイル染めトップ。ピックアップはBKP 7string Nailbomb!

Tasmanian Blackwood top 7string guitar! This one has a set of BKP 7string Nailbombs!

JPG製 スーパーシマシマベース Pimp-O-Matic 5000 遂に完成!!!

とうの昔に完成していた筈の一本…先週ようやくピックアップが届き、複雑な配線に苦戦しながらもなんとか完成。
このベース、見た目が派手な以外にどんな機能が備わってるのだろうか…そう思ってはいませんか? 勿論機能はふんだんに盛り込んであります。
外装が特殊なだけの楽器なんて作っても意味はありません、この楽器には最高品質のパーツに材料、そしてテクニックが注がれました。

ボディーとネックには合計29プライのAAAグレードの木材が使われ、分厚いチョコレート色の木材はフレームド・オレゴン・ブラックウォルナット、明るい色の木材はタイガー・ストライプ・ビッグリーフメイプル、そしてそのメイプルとウォルナットの間に挟み込まれているのはウェンジ。
勿論全ての木材は柾目材で統一され、耐久性とトーン、そして見栄えの良さをも一切の妥協無しに組む事が出来ました。
私達JPGの仕入れ先は独自で木材を育て管理しているので、通常では手に入らないようなハイスタンダードな木材を楽器作りに使用する事が出来るのです。
その美しい木材を更に引き立てるのが、亜麻仁油を使用したオイルフィニッシュ。木目を立体的に浮かび上がらせ、肌触りはスムーズな質感と、ラッカー塗装では少なからず音に影響が出てしまうという点を完全に回避しています。

製 作面で他のハイエンドベースとひと味、ふた味違う所といえば、継ぎ目の一切無い28カ所の音の伝達に優れたジョイントは一先ずおいといて、よくハイエンド な楽器に使われる変哲の無いダブルアクショントラスロッド、それに加え、左右に二本のカーボンファイバーロッドが埋め込まれ、重量が重くなってしまう事な く安定性を実現しています(スチールロッドはかなり重くなります)。 次に、決定的に違う点と言えば、ネックプロファイル。通常ギター/ベースのネックと いうのはシンメトリック(左右対称)に作られていますが、このベースに関してはアシンメトリックに作られており、その理由として5弦や6弦ベースのような 太いネックを握り込んだ際に必要以上に太く感じてしまう事、演奏の邪魔になってしまう事を防ぎます。ネックの一番太い箇所は低音弦側に1/3程寄った所に あり、これによりネックを細く感じさせつつ実際は木をあまり減らさずに済み、トーンとサステインを失わずに済むのです。

ハー ドウェアに関しては色々と試した結果、当然一番合う物を選択して使用したわけですが、今回もHipshot A-styleアルミニウムブリッジを採用しました。一番サステインを得られるブリッジはアルミニウムではなく、ブラス製の物ですが、肝心のトーンが私と してはどうしても好きになれず、サステインを除けば現時点ではアルミが一番優秀かなと思っています。ヘッドストックには軽量のGotoh 350チューナーが取り付けられ、ネック落ちを防ぎつつ長期に渡る安定したチューニングを実現します。

電 気系はこのベースの「シマシマ」以外のもう一つの特徴と言って良いでしょう。ピックアップはBKPに並ぶ一流の手巻きピックアップメーカーDELANO。 ブリッジ側にはスタンダードシリーズのCeramic/Ferrite MM(ミュージックマンタイプ)。このベースの核となる音ですね。そしてネック側には、今回カスタムで作成してもらった先程のMMピックアップを半分に し,Jazz Bassピックアップのハウジングに入れた物を搭載。ネックPUはブリッジPUに対してRWRPにしてあり、この二発のPUだけで信じられな程に多彩で実 用的な音作りが可能となりました。
スイッチは通常の5-way super switchに、独自で書き出した二機のPUを最大限に生かすカスタムの回路図を当てはめました。
ポ ジション5では、クラシックなパラレルでのMMサウンド、ポジション4ではシリーズでのMMピックアップのトーン、これはポジ5より更にパワフルでファン キーなトーン。ポジション3では外側二つのコイルがパラレルになり、ズンとくるような太くて深い、ドラムセットと一体化してしまいそうな音像を可能に。ポ ジション2では外側2列のコイルがシリーズとなり、聴いた事もないような、場合によっては手に余るようなひたすらに強調された低域、そしてポジション1は と言えばネックに近い二列がstockのペアとなり、シングルPUの軽快さにとんでもないレンジの広さを実現しました。
最 後にJohn East製 East UK U-Retro 4 Deluxe preampを搭載し、必要最低限ながら必要な機能を全て合わせ持つ本当に優秀なプリアンプです。このプリアンプ含まれるコントロールは、ボリュームノ ブ、スタックされたBass,Treble(トレブルノブは引っ張るとBrightモードとなります)、二つ目のスタックされたノブは、上でミッド、下で そのミッドの周波帯を設定。そしてパッシブのトーンノブ。このノブは押し込んだ状態だとベースはアクティブに、引っ張るとパッシブになります。

さぞかしお値段は高いんじゃないですかぁ??とテレビの通販みたいな事言ってみますけど、実際そこそこします。まぁスペックと注がれた時間を考えれば妥当だという事はお分かりでしょうけれど!

495,000円(税込)

The JPG Pimp-O-Matic 5000 finished and ready to Funk you up!

The custom Delano pickups finally arrived yesterday and after about 3hrs of mind boggling wiring of the electronics the P5 is finally all done.
So you’re probably wondering what this baby has to offer, well… pretty much everything, there were no holds bared in the production of this bass, only the finest materials parts and production techniques went into the P5.
To start off, the body and neck are made from 29 strips of premium tonewood, the wide chocolate-brown strips are flamed Oregon Black Walnut (Claro Walnut), the thinner lighter coloured strips are Tiger-Stripe Pacific Big-Leaf Maple and the thin dark brown strips are Wenge. Of course all are quater-sawn for the upmost stability, tonal response and figure. We import our wood directly from the people who farm the wood and who are aware of our extremely high standards and can provide us with pieces we can rely on to produce the finest instruments, as well as giving us the peace of mind that the wood has been sustainably farmed. To compliment this beautiful wood the best we could, it has been finished with a polymerised linseed oil finish which brings out the figure of the wood to its fullest extent and gives it a silky smooth feel and best of all does not impede the tone in any way like a lacquer finish will.

So what have i done in the construction of this bass to make it surpass your regular high-end bass? well other than that there are a total of 28 seamless glue joints in the bass to ensure perfect strength and tonal transference between each body laminate. the neck has been fitted with the standard kind of double-action truss-rod that you’d regularly find in a high-end instrument, but it is complimented with a pair of carbon fiber supporting rods either side to ensure absolute stability without compromising tone or weight (like steel rods will do).
The next thing that really makes a difference is the neck carve, the large majority of guitar and bass necks are symmetrical (meaning if you were to cut through the middle of the neck and look at the profile, it would be the same on both the bass and treble sides). The P5 has an asymmetrical neck profile, for those of you who haven’t played an asymmetrical neck before, the idea is that when you play a wide nick like a 5 or 6 string bass your thumb rarely moves past the centre line on the neck and most of the time is further toward the treble side. Because of this, if you make the neck asymmetric and have the thickest part of the neck about a 1/3 of the way across the neck on the bass side, it allows you the feel of a slimmer neck but with more mass on the neck which will give you far better tonal response and sustain.

Ok onto hardware, well i’ve tried many kinds of high quality bridged and i keep coming back to the same one, the Hipshot A-style aluminium bridge. Aly’ bridges really do sound far better than anything else in my opinion, ok so brass sustains better, but this bass has bags of sustain and brass bridges really prevent all of those wonderfull overtones from passing between the strings and the body. The top of the line Gotoh 350 lightweight tuners have been fitted to keep the centre of gravity toward the body and ensure years of smooth tuning.
Electronics, and this bass has some serious electronics, the pickups are a custom set from Delano, the bridge pickup is their standard Ceramic/Ferrite MM pickup which has been placed in the ‘sweet-spot’ (where else?), the neck pickup i ordered special and is one half of the MM pickup in a Jazz bass housing, it has RWRP to the bridge side coil of the MM pickup so that an array of different humbucking positions are possible. I custom designed a 5-way super switch in order to give you all the best bass tones possible from this pickups set. In position 5 you get a classic parallel MM pickup for that tone we al know and love, in 4 a series MM pickup for a more powerful super funky tone, in 3 we have the two outside coils in parallel for beautifully warm thud when you’re just sitting into a fat groove, in 2 we have the outside coils in series for a super fat rockin tone that puts out more low end than you’ve ever heard and in position 1 you have the two neck side coils as a stock pair for that classic single coil tone but with a massive tonal range.
Then to top it off we’ve installed a East UK U-Retro 4 Deluxe preamp (for those of you who don’t know John East makes the absolute finest bass preamps on the market, they’re not cheap but they’re worth every penny). Its not one of these super complicated preamps that has a million different setting that are impossible to remember, but is very user friendly and sounds fantastic. It features a volume knob, a stacked knob with Bass and treble, the treble knob pulls up to give you a bright tone, a second stack knob has mid on top and then the ring controls the frequency range of the mid knob. and finally there is a single passive tone knob, pull it up to put the bass into passive mode and from there you can use the pickup selector switch, volume and passive tone.

OK now that you’ve heard all the great things about this bass, you’re probably thinking ‘how much?’, well its not cheap, but its not stupidly expensive

495,000yen (including tax)

JPG F-line ‘The Strutocaster’

The Strutocaster

The Strut’ is a straight up top-end Strat type guitar, with only the highest quality components to give you un-compromised tone and playability.
So what goes into a JPG F-line Strutocaster? Well let’s start off with wood, many people are always trying to decide Ash or Alder. Fender have used both throughout various stages of their production and both are great sounding woods, but with a very different character. In my opinion there is a simple answer to this question, for tele’s Ash every time (it’s brighter and has way more bite) and for Strat’s it has to be Alder, with its smooth and creamy mids that gives a wonderful punch when you start to dig in.
As far as neck wood goes I think no explanation is needed as to the use of maple (it wouldn’t be a Strat  if the neck was anything else). Now when it comes to fingerboards, that’s entirely up to your personal preference, both sound great in a different way, Maple being bright with great pick attack and Roswewood having a warmer and more rounded tone. We also offer ebony fingerboards for Strut’s, if you love that bright attack you get from maple but want a silky smooth natural satin feel then ebony is the wood for you.
This particular model is a one-piece AAA grade flame Maple neck with stunning figure that will put any other Strat to shame.

This particular Strut’ has a straight 9.5″ fingerboard radius (standard Fender radius), though we also offer straight 7.25″ radiuses for vintage authentic buffs, as well as 10-16″ compound radiuses for those of you who like to bend a lot (a compound radius means that the fingerboard is conical, so that the radius is 10″ at the nut so that playing chords down the bottom feel normal, but the fingerboard flattens out as you go up the board, significantly reducing choking when performing big bends).

We offer a range of different neck profiles for the Strut’, this one has the Eric Clapton V profile, if you like to ay the use or you like to get your thumb over the top of the neck then you’ll love this neck. Another great advantage to V profile necks is that you get all the tonal benefits of a heavy neck with something that feels light in your hand.
Other popular neck profiles for the Strut’ are the ‘standard thin’ which is what you’ll find on any standard US Strat made in the last 30 years or so. The other popular neck is the ’59 round back’, this is my personal favourite, it’s based on a ’59 Les Paul, but with a fender width and scale, it’s chunkier than the standard thin without being heavy like those early tele necks, a really perfect balance of playability and mass.

Ok onto hardware, all Strutocasters come as standard with our custom JPG Bare Knuckle pickguard assemblies (which we also sell separately to pimp out your existing Strat). If you haven’t already seen our pickguards then here’s what you get. A set or RWRP Bare Knuckle Apache pickups (in my opinion the finest Strat pickups in production today), custom BKP CTS 280K pots (these are pots that Bare Knuckle have custom made by CTS, they have a slightly higher resistance and a custom audio taper to give a perfectly smooth roll-off), a BKP Jensen Capacitor .015ufd (probably the best caps in the world, BKP custom order these from Jensen who if you don’t know are the guys in the Uk who make all the parts for the worlds finest amplifiers) now you might think expensive caps are a waste of time because you’ve probably rolled off the tone on your guitar and thought ‘this sounds muddy and horrible’ and that’s because you’ve got cheap ceramic or poly caps on your tone pot, which bleed off all the high frequencies. The BKP Jensen caps bleed off a lot of the highs but the high mids and the overtones stay in there to give you a wonderful creamy tone without a loss in clarity and character.
I’m rambling again. Ok what else do you get, a CRL 5-way switch and Switchcraft jack, all hand wired using vintage push-back cloth wire and good old-fashioned 60/40 solder here at the JPG workshop in Osaka. The pickguards are full screened with aluminium foil and the control cavity is coated in the finest conductive shielding paint to give he best resistance to noise possible.
Of course you can also order a Strut’ or a pickguard loaded with any of the Bare Kuckle range of Strat pickups and if you prefer to roll-off with a .022ufd cap just let us know and we’ll load one in for you.

The Strut’ comes as standard with the highest quality vintage authentic 6-hole trem with a steel trem-block for vintage accurate tone. Up the other end and you’ll find a set of TonePros Kluson official upgrade tuners, again only the best is good enough at JPG.

The finishing touch, as with all JPG F-line guitars a super thin Nitro-cellulose finish is applied, to give both an authentic look and sound. The reason we keep the finish super thin is that the more lacquer goes onto the guitar, the more it prevents the wood from vibrating which significantly reduces overtones. Also having a super thin finish will mean the guitar will age authentically like an old 50’s-60’s Strat would. Not like those new poly finished guitars which ruin your tone and keep looking like new forever.

The JPG F-line guitars and basses are not fully made in the JPG workshop in Osaka, the bodies and necks are custom made by the highest quality producer in the USA an then sent to us unfinished. Here in the JPG workshop in Osaka Japan we hand finish the guitars, spray and polish the nitro lacquer and then build up the guitars with the highest quality parts from the USA and Europe.


Specs

Body – Alder 2 piece
Neck – AAA Flame Maple 1piece with Clapton V profile
Fingerboard radius – 9.5″
Pickups – Bare Knuckle Apache RWRP set parchment white
Controls – 1xVol, 2xTone BKP custom CTS 280k pots, BKP Jensen .015ufd capacitor
Pickup selector – 5-way CRL
Bridge – WD USA made vintage correct 6-hole trem with steel block
Tuners – TonePros official Kluson upgrades
Nut – bone, hand cut
Pickguard – parchment white 3-ply
Hardware – custom JPG neck plate
Finish – super thin nitro-cellulose lacquer, black body, clear neck.

191,000yen

JPG F-line ‘Strutocaster’ ザ・ストラット

“ザ・ストラット” はトップエンドなストラトタイプのギターで、本当にハイクオリティーなパーツのみを厳選して使用し、妥協点無しのトーンと演奏性を実現させました。
JPG F-line ‘Strutocaster’ は一体何で構成されたギターなのでしょうか。ストラトのスタンダードなボディ材は大体がアッシュ若しくはアルダーですが、今回はクリーミーで濃厚なミッドが特徴的なアルダーを採用しました。ネックは勿論メイプル、それ以外ではストラトとは呼べなくなる位に大事な要素だと思っていますので。この個体に関しては、本当に美しい模様が浮き出たワンピースAAAグレードフレイムメイプルを採用しました。

この個体に限っては、指板のアールが9.5″(Fender standard) ですが、需要があれば7.25″だったり10-16(ナット側がノーマルでハイフレットになるにつれ平たくなる)”という幅広い指板を取り揃えています。ヴィンテージスペックに拘りのある方なら間違いなく7.25″を選択するでしょうね。

ネックプロファイルに関しても色々と選択頂けるようになっていまして、この”ストラット”に限っては’エリック・クラプトンV’プロファイルという形をしています。握っていて一番疲れずに力の入り易いネックですね。
他には’standard thin’も”ストラット”の人気ネックプロファイルですし、’59 round back’ も人気プロファイルの一つであり、’59型レスポールを基にしたプロファイルであり、幅とスケールはFenderサイズとなっています。

ハードウェアの話をしましょう。当店で製作される全ての”ストラット”はJPG/Bare Knuckleカスタムピックガードアセンブリー(お手持ちのストラトをバージョンアップさせるキットとして別売りもしています)を搭載。このピックガードアセンブリーの内容としては、BareKnuckle製のストラトピックアップ3発に加えてカスタムBKP/CTS 280kポット(通常のポットよりも少し高めの抵抗値をもっており、スムーズにトーンを絞れるように設定されています)、そしてBKP/Jensen .015ufd(トップクオリティのオイルコンデンサーであり、Jensenはアンプや電子機器にしようするトップクオリティのパーツを製作している会社です)。 コンデンサーを変えた所でトーンを絞ったら結局ボヤけた音になると思い込んでしまってる方には是非とも一度使って頂きたい素晴らしいパーツです。必要な音の芯は残しつつ周りのハイを柔らかく削ってゆく感じです。そしてCRL 5wayスイッチ、Switchcraftジャック、全てハンドワイヤリング-vintage push-back cloth wire使用、ハンダはオールドファッションな60/40を使用。ピックガードは勿論アルミシートにて完全にシールディングされていますし、コントロールキャビティーは全て高級なシールディング塗装にてノイズの侵入を防いでいます。
需要があれば勿論ストラト用のシングルコイルだけではなく、どのBareKnuckleピックアップも載せる事が出来ますので気になる方はお申しつけください。ただしこの場合、.022ufdのコンデンサーを装備する事になります。

“ストラット”はヴィンテージスペックの6穴トレモロが標準装備されており、トレムブロックは最も安定性のあるスチール製を採用。ヘッドにはTonePros Kluson オフィシャルアップグレードチューナーが装備されており、これ以上は良くならないハードウェアスペックとなっています。

見た目の美しさにも一切手は抜いておらず、全てのJPG F-lineギターと同様、極薄ニトロセルロース塗装で仕上げられており、音を優先する為にも薄塗に仕上げられています。個体にもよりますが、基本的にはニトロを厚塗りにし過ぎると木材に浸透してゆき、木の振動を止めてしまい、倍音が減ってしまうためです。使用するニトロセルロースも時間が経つにつれて色に深みが出てくる良質な物を使用しています。

※JPG F-lineのギターは一からJPG工房で作られているのでは無く、ボディ材、ネック材共にアメリカのパーツ製作会社にて機械でくり抜かれた物を送ってもらい、ここJPGで塗装なり指板/フレット処理なりザグリなりを行い、アメリカとヨーロッパから取り寄せた最高のパーツで仕上げています。

スペック

ボディ – 2ピース アルダー
ネック – 1ピース AAAフレイムメイプル(Clapton V profile)
指板 – 9.5″
ピックアップ – BareKnuckle Apache RWRP set パーチメントホワイト
コントロール – 1xVol, 2xTone BKP custom CTS 280k pots, BKP Jensen .015ufd capacitor
PUセレクター – 5way CRL
ブリッジ – WD USA製 vintage correct 6穴 トレモロ(スチールブロック)
チューナー – TonePros Official Kluson upgrade
ナット – 牛骨
ピックガード – パーチメントホワイト 3-ply
ハードウェア – カスタムJPGネックプレート
フィニッシュ – 極薄ニトロ・セルロース、ボディ:ブラック、ネック:クリアー

価格 191,000円

The JPG Pimp-O-Matic 5000 part-2

Well i said ‘i’ll upload more tomorrow’ 5 days ago, finally got round to it.

Body wings roughly cut to shape and glued onto the through-neck

After the wing joints have had time to dry over night, the body shape is then routed and while i’m doing that, i also route a roundover to start the basic contouring of the body.

next the positions of the controls are layed out, holes and slots are drilled and routed before the control cavity can be routed from the rear.

Next come the pickup cavities, a MM style pickup in the sweet spot and a Jazz sized cavity in the neck for the single coil.

control cavity, plate recess are routed and the holes for the through-body stringing have been drilled.

once all the routing on the body has been done, it was time to start shaping the body contours and carving the scroll.

starting to look smooth, but a lot more shaping to go.

Headstock ears glued on and then the shape is routed.