JPG – Handwired BELDEN guitar/bass cables

belden

JPG – Handwired BELDEN guitar/bass cables 8412 & 9395

貴方は良質なギターを使用していますか?
その良質なギターには良質なピックアップが載っていますか?

ギター自体が素晴らしい音を放っていても、それをアンプへ運ぶケーブルが粗悪な物だと濁ったような音に聞こえたり、高域が曇ってしまったり、逆に低域が弱いやせ細った音になってしまう事があります。
理由としては、ギターからの微弱な電気信号は、長いケーブルを伝ううちに少なからず衰退してゆきますが、その導線の材質や太さ、質、等で信号が衰退する加減が変わってきます。
粗悪なケーブルが曇って聞こえるのは、高域が衰退した際に一番耳で聞き取り易いためそのように感じるのでしょう。
中には高域のみならず低域までごっそり抜け落ちてオマケにノイズまで乗ってしまうような物が商品として普通に出回っていたりします。

だからと言って、高価な物を買い揃えれば良いというわけでは決してありません。
市場には一本数万円もする馬鹿げたケーブルが売られていますし、その謳い文句に騙されて買ってしまう人も沢山居ます。

確かに高価で品質も良い物は色々と存在しますが、「高価=良い」ではありません。
ケーブルはその単純な構造と性質が故に、一定以上の音質よりも良くするという事は出来ませんので、一定の品質以上であれば、後はケーブル毎の特性による好み、どのような用途で使用するかという話になってきます。

このBELDENケーブルの特徴としては先ず、ものすごく丈夫です。
そもそもBELDENはオーディオケーブルに特化したメーカーではありません。
ありとあらゆるケーブルを作成している100年以上の歴史がある会社です。
会社のスローガンでもある「Sending all the right signals」の通り、強度があり、ケーブル毎の用途にあった素材と製造方法により、とにかく正しい信号を確実に送り続ける事の出来るケーブル、それがBELDENケーブルなのです。

日本ではカナレケーブル等がスタジオや放送局のスタンダードなケーブルとして定着していますが、アメリカの音楽スタジオ、音響設備等に使われるスタンダードなケーブルメーカーはこのBELDENケーブルです。
理由としてはやはり丈夫で長持ちする上に、正しい信号を、即ちフラット* な音の信号を運べるケーブルだからでしょう。
音楽スタジオ等では音をモニタリング(監視、観察)するので、元の音に出来る限り近い、色づけされないケーブルを使用する必要があるのです。
* 完全なるフラットな音質はオーディオケーブルでは物理的に不可能なのでここでの意味は他の市販ケーブルと比較して、という意味です。

「音が太くなる」「艶が出る」ケーブルなんていう謳い文句を目にする事がありますが、それは単純に言うと、嘘です。
何故ならばケーブルは単なる導線とコネクターをハンダで繋げた物であり、パッシブなので信号を増幅する事は出来ません。
なので、良質な材質と構造、ハンダ付けやノイズ対策でいかに元の信号を衰退させないか、芯を失わせないか、解像度を保てるか、そして長持ちするかという点が「良いケーブル」かどうかという判断基準になるでしょう。

「安物ケーブルのハイ落ちしたマイルドな音が好きなんだ」と仰る方もいるかも知れません。
それはそれで良いと思います。
しかし、それはギター、エフェクター、アンプ等で調整すれば良い事であって、ケーブルはある音を別の場所へ届ける為の物なので、出来る限り確実に音を伝えるべきだと我々は強く思っています。

BELDENケーブルはもう10年以上もスタジオワークやライブで使用していますので絶大な信頼をおいていましたが、それを売るとなると、話は別です。
やはり改めて調べ直し、本当に何が一番良いのかを理解する必要があると感じ、当店では20種類以上もの他社ケーブルと比較、テストしました。
BELDENと同等の品質、解像度だと感じた物はありましたが、それはたまたま一本3m9000円もする物でした。それを売るのは論外ですね。
ハムバッカータイプのギター、シングルコイルタイプ、ソープバー、8弦ギター、4弦、5弦ベース、フレットレスベース、これらをFenderのコンボアンプ、ORANGEのハーフスタック、SWRとLINE6のベースアンプでそれぞれクリーン/クランチ/ディストーションと色々な組み合わせで確認しました。
正直に言うと、中にはBELDENケーブルと相性の悪い組み合わせもありましたが、殆どは安定した解像度の高い音となってアンプに伝わっていました。
という事で、我々の結論としてBELDENから以下の2種類を販売しようという事で決定しました。

BELDEN 9395 –
ミッドレンジの情報量に長けていて、高域もレスポンスが素早い。
クリーン時の細かいフレーズやハイポジションでのリードはとにかく鮮明。
歯切れの良いカッティングやクランチでのパワーコードもスピード感があり気持ちが良い。
低域も程よく蓄えていますが、ベース、5弦ベースでは減衰し過ぎなため、8412の方をお勧めします。
しかしながら他社ケーブルからの乗り換えだとこの9395の方がケーブル自体の取り回しや質感がすんなりいくかも知れません。

BELDEN 8412 –
芯の通った太く輪郭のしっかりとした音像。
低域は殆どカットされていず、8弦ギター、5弦ベースのローも確実に通します。
低域が得意でありながらも中域の解像度が恐ろしく高い。
高域は9395と同等、若しくは「高域」の範囲がより広いようにも感じます。
楽器のみならず、モニタースピーカーやスジタジオでの使用には非常に向いています。
唯一の弱点といえば、ケーブルが太くて硬いので取り回しが気になる方も居るかも知れないという点です。
パッチケーブルに使用する際も予めエフェクター同士に余裕を持たせるか、長めに取るかしたほうが無難でしょう。
音の伝達に関しては無論一流。

*ハンドワイヤードBELDENケーブルの全ての在庫リストはJPGウェブサイトで確認していただけます。カスタムサイズ等も承りますので、ご気軽にお問い合わせください。

*ギター/ベース用ケーブルのみならずその他、スピーカーケーブル、マイクケーブルなどのカスタムメイドもできますので、気軽にお問い合わせください。

BELDEN 9395
3m – SS – ¥2950
3m – SL – ¥3250
5m – SS – ¥4650
5m – SL – ¥4950

15cm patch cables – LL
x1 – ¥2200
x3 – ¥2000
x5 – ¥1800

30cm patch cables – LL
x1 – ¥2300
x3 – ¥2100
x5 – ¥1900

BELDEN 8412
3m – SS – ¥3550
3m – SL – ¥3850
5m – SS – ¥5650
5m – SL – ¥5950

15cm patch cables – LL
x1 – ¥2250
x3 – ¥2050
x5 – ¥1850

30cm patch cables – LL
x1 – ¥2350
x3 – ¥2150
x5 – ¥1950

JPG The Prowler プロウラー

closerangleback-anglebackbodyneck

最高のレスポールサウンドと個性的なルックス!!
The Stalkerにも見られるJPGオリジナルのシェイプデザインのゴールドトップ、最高品質パーツのみを使用し、一切妥協無しに仕上げました!
ベアナックルピックアップThe Mule搭載、まさに’59PAFのトーン。
塗装は50年代60年代のビンテージギブソンと同じブロンズパウダーを使用したゴールドトップで全て高品質極薄ラッカーで完璧に仕上げています。
素晴らしかった当時のビンテージレスポールのように美しく色が経年変化していきます。

The Prowler

The classically designed cousin of our flagship model The Stalker, The Prowler shares the same outline shape but has been constructed in a similar fashion to a Les Paul.
If like many people you’re a long time lover and user of the Les Paul tone, but you fancy something with a more original look, then the Prowler might be right up your street.

It features all the best bits of the best LP’s, a medium-heavy mahogany body for the best balance of tone, without being so heavy that it’ll collapse your spine. Its got a comfortably chunky neck profile, that will ooze tone without being noticeably thick, a carved maple top, an ebony fingerboard for that wonderful percussive pick attack, with no loss of low-end performance.

As with all of our guitars its been loaded up with the best quality parts, it boasts a calibrated set of Bare Knuckle Mule Humbuckers with Nickel covers, for that classic ’59 PAF tone, complemented by custom BKP CTS pots and BKP Jensen paper/oil caps. TonePros Bridge and tuners and through-body stringing front and rear ferrules for increased punch.

All of this is complemented by a super-thin Nitro Cellulose finish and a Gold-Top sprayed with the very same bronze powder used by Gibson on the original Gold Tops back in the 50’s and 60’s. This gives it that really authentic look and means unlike most modern instruments sprayed with poly and mica faux-metallic flakes, it will age like a vintage guitar. With time, the lacquer will yellow and eventually crack/check, regular playing and abrasion will cause the lacquer to wear away in certain places and once you break through the top coat, down to the bronze powder layer, the acid in your sweat will cause the bronze to green and will give it that authentic Gold-Top look.

Specs

Body – 2 piece African Mahogany with 1/2″ Hard Maple cap.
Neck – 1 piece Quater-Sawn African Mahogany with Scarfed headstock
Fingerboard – Ebony with Mother of Pearl Block Inlays and Cream Binding
Headstock Veneer – Ebony with Mother of Pearl Inlay and Cream Binding
Binding – Cream plastic
Truss rod – Double action
Scale Length – 24.75″ (628.65mm)
Nut Width – 1-11/16″ (42.8mm)
Nut Material – Unbleached Bone
Pickups – Bare Knuckle The Mule set Nickel Covers
Controls – 2x vol, 2xtone, 1x3way toggle (BKP CTS, Switchcraft)
Tone Caps – BKP Jensen Paper/Oil neck-0.015uf / bridge-0.022uf
Bridge – TonePros Nashville style (locking posts)- Nickel
Tailpiece – Through Body stringing front and rear ferrules
Tuners – TonePros official Kluson Upgrade Tuners – Nickel
Finish – Super-Thin Nitro Cellulose Gold Top

372,750円

East UK (John East) Preamps ジョンイースト アクティブベースプリアンプ各種入荷しました!

mmsr2band3knob1 dj-retro1 u-retro5knob1 u-retro4knob1

East UK (John East) Preamps ジョンイースト アクティブベースプリアンプ各種入荷しました!
現在在庫は、
MMSR 3 KNOB 2 BAND プレート無
MMSR 3 KNOB 2 BAND プレート有
J-RETRO 01
J-RETRO 01 DELUXE
DJ-RETRO 01
U-RETRO 5 KNOB DELUXE ブラック
U-RETRO 5 KNOB DELUXE クロム
U-RETRO 4 KNOB DELUXE クロム

もちろん在庫の無いものも全てオーダー可能です。
リストはJPG WEBSITEのほうに載っていますので気軽に問い合わせください。

このUK製ベースプリアンプをまだ知らない方も多いかもしれませんが、間違い無く最高音質、どこよりもおすすめです!
バルトリーニなどをなんとなく使っている人も多いと思いますが、ジョンイーストを一度使えば本物のサウンドに、その違いに驚くと思います。
音質は素晴らしく非常に柔軟性があり実用的です。

ジョンイースト について、
John East氏はその昔プロベーシストとして活動していた時期もありましたが、彼はプロオーディオエンジニアとしての知名度が高いですね。
ハイエンドレコーディング関係から放送局、SSL(Solid State Logic)のミキサー卓からマイク、アンプ、EQやフィルター関係、ハイエンドパワーサプライに至るまで、あらゆる電気系の設計に携わってきました。
その後SSLを離れ、4人のエンジニアと共にOxford Digitalというオーディオデザイン会社を設立、のちにSony Oxfordとなる。
OXF-R3 Digital Mixing Console というこの会社の最も優秀だったミキシングコンソール(後にSONYから量産型として販売される)のシステム、ハードウェア、コントロールサーフィス、 オーディオスペックに至るまで全てJohn East氏が担当した。
それを経てのベースプリアンプ。
一般的なエレキベースに使用できるサイズや電圧等の枠に納めるため多少の妥協はしたであろうけれども、市場に出回っているどんなプリアンプよりも「プロフェッショナル」で「最高音質」である事は絶対に間違いありません。
自身のプロベーシストという経歴があってこそ、ミュージシャンが求めている操作性、素晴らしいトーンが何かという事を熟知しているのです。
能書きなんかよりも、とにかく実際に使って頂きたいプリアンプ、John East Preamps。

THE RESOCASTER ブルースマシーン

The Resocaster

正にブルースマシン。テレキャスタータイプのボディにネック、ハンドメイドのBeard9.5inchレゾネイター・コーンを搭載。本機は真正のデルタ・ブルース・スライドサウンドや土臭いブルージーなオーバードライブサウンドを提供します。本機を製作するにあたって、使用する電気系やパーツは全て厳密に選択し、ギター本体の特性にベストマッチする物のみを一切の妥協無しに組み込み、本来の性能を余すところなく引き出す事に成功しました。本機に搭載 されているBeard9.5inchコーンにはJohn Beard氏本人デザインのFishman製Classic series resophonic transducer(ピエゾ)ピックアップを搭載。このピックアップは他の市販されているどんなピックアップよりも弦ではなくコーン自体の音を拾う事に優れていて、さらにそのピックアップと抜群の相性を発揮するFishman Powerchipプリアンプを搭載。このプリアンプはフロントとリアのピックアップを自在にミックス出来るようになっており、二つのPUのみで作ってい るとは思えない程に広い音のパレットを実現しました。Yケーブルを使用すればそれぞれのピックアップを、通常のギターアンプとアコースティックアンプ、又 はP.A.へ別々に送る事も出来ます。
このギターに搭載されているフロントピックアップを選択する際に一つ課題だったのがリアのresophonicピックアップの出力を大幅に超えてしまい、 二つのPU間でのバランスが悪くなってしまわないかという事。通常のハムバッカーだと確実に出力が強過ぎる、でもシングルでは低域がスカスカになってしま います。そこで最終的に選択したのがTV JonesピックアップのTVクラシックモデル。このモデルは出力が控えめで、初期グレッチギター等にに搭載されていたFiltertronピックアップ をベースにして作られています。音像はと言いますと、図太く唸るような広がりのある音。ダイナミックレンジも広くレスポンスも良い、正に打てば響くピックアップと言えます。
このギターの電気系は全てレゾネーターコーンの裏へコンパクトに収納されていて通常のギターと同様、簡単に開閉出来るようになっています。
最後に一つ書いておきたい事がありまして、それはボディーの塗装についてです。このギターの塗装は少し変わっていて、ポリウレタンとニトロセルロースのハ イブリッドになっています。ポリで基礎と耐久性を、そしてニトロのグロスでナチュラルな木目の美しさを引き立てています。一度間近でご覧になって頂きたい。

スペック:

ネック          – 1ピース ハードメイプル+ブラックウォルナットストリップ
ボディー       – 2ピース アルダー
トラスロッド – ダブルアクション(ヴィンテージダブルスロット)
インレイ       – ブラックドット
ナット          – 牛骨(漂白加工)
フレット       – 21
ピックガード – パーチメントホワイト//ブラック//パーチメントホワイト
コーン          – ジョン・ビアード 9-12″ ハンドスパン-ビスケットコーン
ブリッジPU   – Fishman Classic series Resophonic transducer
ネックPU      – TV Jones TV classic filteron
コントロール – Fishman powerjack+Fishman powerchip
チューナー    – トーンプロ オフィシャル クルーソン アップグレードチューナー
ハードウェア – カスタムJPGネックプレート
フィニッシュ – ハイブリッド ポリベース+セルローストップコート

値段 – 260,000円

ベアナックルピックアップ THE APACHE

最近自分の長年使っているストラトにもこのApacheを搭載しました。もともとはLindy FrailinのTall Gが載っていてそれももちろんハイクオリティーで図太さと魅力のあるピックアップなんですが、このApacheは全帯域に渡るクリアさと、全く曇りの無いビジョンを感じさせる完成度、迷いの無さ、プレイヤーにインスピレーションを与える非常に音楽的なピックアップだと思います。限界まで繊細なダイナミクスを表現できるのでタッチが生々しく出ますが、常にストラト独自の色気と太さに包まれているので文句無しに気持ちいいサウンドです。ベアナックルピックアップの完成度には全く迷いの無いクリアさを感じます。

“The Apache”

Apacheは、弦振動を妨げないアルニコIIIマグネットを使い、格別に素晴らしいナチュラルサスティーンを実現した、まさしく本物の50年代ビンテージのシングルコイルです。
Apacheは特に優れてしっかりした太いトーンを持つ54年から57年のオリジナルを基にしています。
深みのあるボトムエンド、ベルのように響き渡るハイトーン、豊かで広がりのあるミッドレンジ。
クリーントーンは粗さや細さとは全く無縁のクリスタルクリーンなサウンド。
オーバードライブしたトーンは豊かなクランチサウンドで、単音弾き時も十分な存在感を感じさせます。
ビンテージと全く同じように、Heavy Formvarワイヤーを使用し手巻きでランダムに巻いていくスキャッターワウンドで、ブリッジ側のみ少し厚めに巻くことで全体のバランスをよりいっそう良いものに仕上げています。
アルニコIIIマグネットには54年や人気のある56年のオリジナルと同じく手作業で斜角を付けファイバーボードをセットしています。
弦振動を妨げないアルニコIIIマグネットを搭載したApacheは驚くほどのダイナミクスと完璧なイントネーションをあなたのものにします。

<仕様>
*’56 Vintage Stagger
*RWRP Polarity
*カラーはパーチメント、ブラック、クリーム、ホワイトから選べます

¥27000

T90 テレキャスター

JPG T90は、スタンダードなテレキャスファンにも間違いなくおすすめできるハイエンドクオリティーのギターですが、やはりこのフロントのP90が大きな特徴になっています。ベアナックルのNANTUCKETが搭載されているのですが、そのコシの太さとサスティーン、ワイドな低域の広がりとクリアなアタックダイナミクスはかなりインパクトがあり、テレの醍醐味であるリアピックアップの美しい倍音と噛みつき感とのセレクト&ブレンドだけで欲しいサウンドを網羅できる感じで、トータルして非常にぶっとい存在感を感じるギターに仕上がっています。

“T90”

JPG F-line T90 はハイグレードなテレキャスターでありながら、更に実用的で優秀なスペックとなっており、先ずはネック側にp90ピックアップが搭載してあります。これは よくあるダンカンやディマジオといった工場で製造されている無機質な物ではなく、一つ一つ職人によって手巻きで作られているイギリスのBare Knuckle Pickupsのp90です。
本機、T90は私が個人的に最高だと思う組み合わせのピックアップ、ブリッジにはBKP Boss telecaster bridge pickupが搭載されており、ネックには冒頭で綴ったようにp90型 Nantucketが搭載されています。センターポジションにした時にもシングルコイルのトーンを失わぬよう何方もストックワウンドにしてあります。この 二つのピックアップの組み合わせにより、基本はブリッジ側単体で使用するのが好きな方、でも実はもうちょっと低域やミッドのアグレッシブさも欲しい…なんて思った時にはネックポジションのp90をブレンドすれば良いだけの事なんです。逆も然り、ネックが基本だけれどもシャープさを足したい、アタック感が欲 しい時はブリッジのシングルをブレンドすれば良いのです。クリーンからブルージーなオーバードライブの範囲であれば、間違いなく最高の組み合わせです。
T90のボディはSグレードのアメリカン・スワンプアッシュ、ネックはロックメイプル+ローズウッド指板という組み合わせ。
フィニッシュはハイクオリティーなニトロセルロースラッカー、トーンを少しも失わぬよう極薄塗装となっています。色はホワイト-ブロンド(ヴィンテージスペックに基づいた木目がうっすら見えるタイプ)+ベッコウピックガード。
トーン、外装共に一切の妥協を許さず作成した最高のテレキャスターです。

JPG F-lineシリーズのギター/ベースはJPGカスタムラインとは違い、一から日本で作られているのではなく、ネックとボディーは先ずアメリカのハイクオ リティーな製作所にて型を作成し、日本に送られそこから手作業にて加工、塗装を仕上げ、組んで行きます。クオリテイーはカスタム同等ですが、この独自の方法にてF-lineの価格は抑えられています。

スペック:
ボディ – 2ピース スワンプアッシュ
ネック – ロックメイプル(スタンダードTeleネックプロファイル)
指板 – インディアンローズウッド(“9.5)
ピックアップ – BKP Nantucket P90 & BKP The Boss Tele PU
コントロール – 1vol、1tone、3ウェイトグルスイッチ(全てCTS & Switchcraft)
コンデンサー – Jensen BKP ペーパー/オイル 0.022uf
ブリッジ – Compensated vintage 3 saddle Tele bridge
チューナー – TonePros official Kluson upgrade tuners
ピックガード – ベッコウPVC
ハードウェア – カスタム JPG ネックプレート、カスタム JPG コントロールプレート(トグルスイッチ用)
フィニッシュ – ニトロセルロースグロス、ホワイトブロンドボディー、クリアネック

194,400円(税込、2014年4月現在)

ベアナックルカスタムCTSポット

ベアナックルカスタムCTSポットは、通常のハイクオリティーCTSポット以上に、徹底的に信号のロスの無い高音質にカスタマイズされています。
一般的な安いポットの場合、フルアップにしたときも実際には完全に信号を通し切ることができずボリュームがロスされていますので、本来の音質は損なわれています。
一度ご自身のポットのクオリティーをチェックしてみてください。(分からない場合はお気軽にご連絡ください)

きちんとセットアップされたギター、響きをそのまま伝えるハイクオリティーなピックアップ、があれば、こういう品質の良いポットとコンデンサーを搭載して、チューブアンプに直かファズフェイス一発だけで、ボリュームとトーンノブだけで驚くほど多彩に音を変化させることができます。限りないギターの音の可能性に気付くのでほんとうにギターを弾くのがおもしろくなります!

280Kはストラトやテレキャスター。
550KはハムバッカーやP90。
(550Kはロングシャフトもあります)

価格は1100円。ロングシャフトは1250円です。

JPG MUSIC MISTRESS スティングレイ

プレベもジャズベもほんとシンプルで美しいデザインでいつもぐっとくるんですが、スティングレイもほんとに美しいですね。このMUSIC MISTRESSは極薄の非常に美しいラッカー仕上げで、全体の均整のとれたバランス感にいつもしばらく見とれてしまいます。このベースは元々のオリジナルのスティングレイに基づいていて、John Eastのプリアンプを搭載していてこれは大方ブーストで少しだけカットの2バンドコントロールで、今のERNIEBALLのものとは違い、ほんとうのスティングレイらしいあの文句無しにかっこいいトーンになります。1ピックアップ仕様といい、やはりスティングレイ独特の魅力がたまらないですね!

JPG MUSIC MISTRESS

vintageなMusic Manのフィーリングとmodernな操作性を兼ね備えた一本。
先ずはレオ・フェンダー氏が楽器作り、設計に関しては天性的であり、オリジナルのMMベースに特に問題があったわけではないという事をふまえた上で話をさせてもらいます。オリジナルのMMベースは問題はなかったにしろ、量産するにあたってコストを下げるための妥協点が幾つかみられますので、その妥協点を全て改善すべく今回JPGが総力をあげて作成した一本であります。
分厚いスワンプアッシュボディにベリーカットやアームカット処理を施さない仕様はオリジナルのスティングレイベースと同じで、ボディに溝やカッティング処理が施されたのはのちにERNIEBALLが生産し始めてからの事です。
塗装に関してですが、限りなくハイクオリティなニトロセルロースラッカーでの塗装を施してあります。ヴィンテージのMMベースのボディを間近でご覧になられた事のある方であればお気付きかも知れませんが、深みのあるこはく色をしています。これはハイクオリティなラッカー塗装をした時に、5年から15年に渡って徐々にラッカーの色が濃くなって行くからなのです。最近の大手メーカーはこの深みがかったラッカーを再現するために初めから少し黄ばんだような塗装をしがちですが、これは初めは良いにしろ後々黄ばみ過ぎて醜くなってしまいます(尿がかかったような色がお好きなら別ですが…)。
ネックコンターや指板のアーチもオリジナルと同スペックであり、ヘッドストックのチューナーに関しても3対1で最高のバランスを保っています。しかしながらヘッドシェイプは少し変更してあり本機にオリジナリティーに加えキャラクターも与えています。そのヘッドに装着されているのはSchaller BMLチューナー、オリジナルもSchallerを搭載していました。
このベースに加えられたオリジナルと比べての改善点ですが、先ずはダブルアクション-トラスロッド。たとえ20年の月日が流れ、ネックが反り始めてもロッドを回せば問題なく元通りです。
次はブリッジ。オリジナルのブリッジでも悪くはないのですが、スチール製ベースプレートがぐらつきがちなのに加えて素材の特性的にサステインが失われがちです。そこを改善するのがエアクラフト-アルミニウム製のBabiczブリッジ。サステインももちろんですが、小さなぐらつくサドルで失われがちなハイエンドも、削り出しのアルミ製Full Contact Hardwareで完全に改善されています。弦高調節機能も特殊で、大きなローラーにのった弦はそのローラー自体を回す事で上下し、左右にぐらつく事なく安定した完璧な微調節が可能となっています。

電気系に関して-
オリジナルMMベースは2バンドのシングルオペアンプサーキットを採用していて、これはトレブルとベース共にブースト機能のみであり、一見限られた音作りしか出来ないように思えますが、これはスティングレイタイプのベースにとても適した一貫性のある音色を造るのに役立っています。モダンなERNIEBALLのスティングレイベースは3バンドのプリアンプですが皆さんがスティングレイに望む”あの音”には一歩及びません。本機Music MistressはJohn East MMSR 2-band preampを搭載しており、これはオリジナルMMベースが持つカミツキ感と唸りを再現しつつ、より細かなセッティングが可能となっていて大変痒い所に手の届く仕様と言えます。この完璧とも言えるプリアンプにはNordstrand MM4.2ピックアップを合わせました。このMM4.2は70年代中期のオリジナルに基づいて造られた手巻きの高品質ピックアップです。

もし貴方がオリジナルに基づいたトーンと外装、そしてモダンな安定感に操作性、そして信頼性を兼ね備えたスティングレイタイプのベースをお探しであれば、JPG製 Music Mistress以上のベースはないと自信を持って言わせて頂きます。

スペック:
ネック – 1ピースハードメイプル+ブラックウォルナット スカンク ストリップ
ボディー – 2ピース柾目スワンプアッシュ
トラスロッド – ダブル-アクション、ヴィンテージダブルスロットヘッド
インレイ – ブラックドット
ナット – 牛骨製、ナット幅1.75″(44.5mm)
フレット数 – 21
ピックガード – ブラック/ホワイト/PVC
ブリッジ – Babicz Full Contact Hardware クローム、(スルーボディー仕様)
ピックアップ – Nordstrand MM4.2
プリアンプ – East (John East) MMSR 3-knob 2-band(Vol – treble – bass)
チューナー – Schaller BML クローム
ハードウェア – カスタム JPG ネックプレート
フィニッシュ – ニトロセルロースラッカー(薄塗)

価格 – ¥240,000

THE STALKER ストーカー JPGオリジナルデザイン

JPG The Stalkerをあらためてじっくり弾いてみました!このギターは完全にJPGのオリジナルデザインで、リッケンバッカーにインスパイアされたボディーシェイプが特徴的です。今回弾いてみて楽器としてのクオリティーの高さに正直かなり驚きました。

やはり一般的にフェンダーやギブソンタイプなどスタンダードなタイプのギターを求める方がほとんどですし、それらのスタンダードなギターのシェイプの完成された美しさは文句のつけようがなく、JPGなどのように本当に丁寧な仕上げをしているメーカーのギターやベースはほんとうにしばらく見とれてしまうほどです。しかし、もし特にスタンダードなシェイプにこだわりがなく、オリジナルなものに魅かれるタイプの人にはこのThe Stalkerは自信を持っておすすめできるクオリティーだと感じました。

まず持ったときに、ボディーとネック、全体の造りのバランスが非常に良いと感じました。オリジナルシェイプの場合持ったときのフィーリングがどうなのかというのが予想がつきにくく重要な点になってくると思うのですが、一切のストレス無くとても自然に演奏状態に入りしかも途中で疲れてくることもありません。ぱっと見た感じヘッドストックが大きめの印象があったのですが、ボディーとネックの重量バランスも完璧で、ヘッド落ちの気配も一切無く全く支えなくても自然に体に乗っている感じです。

そしてネックの形状もしっかりと弾きがいのある太さでしかもローフレットからハイフレットまで一切違和感を感じません。メイプルスルーネックとマホガニーボディーの組み合わせによるのでしょうか、全てのポジションの音を出してみましたが、ボディーに伝わる振動が非常にしっかりしており、帯域のロスを感じません。アタック感もサスティーンも充分で、はっきりいってこの生音の時点であまりにスムーズに気持ちよく弾けるので、もし自分が所有していたらいつまでもエンドレスで弾いてしまうタイプのギターです。全くストレスが無いので、自分の演奏能力を最大限に引き出してくれるタイプです。これはリッケンバッカーを思い起こさせるシェイプのイメージとは違い、トータルして完全にJPGオリジナルの完成度を持っていると感じました。

アンプに繋いでみました。アンプはフェンダーのPRO JUNIOR、15Wの小さめのコンボアンプですがフルチューブで1ボリューム1トーンのみのシンプルなコントロール、充分な音量もあり音はとても良くて大好きなアンプです。値段も安いです。だいたいボリューム5ぐらいで弾いてみました。文句無しに充分な倍音を常に含み、ピッキングのニュアンスだけで完全なクリーントーンから渦巻くようなフィードバックを響き渡らせるところまでコントロールできます。ギターそのものが非常にバランスの良い響きを持っていることに加えて、ピックアップにはベアナックルのBlack Dogというハムバッカーが搭載されているのですが、これがまた幅広いダイナミクスに貢献している大きな要因だと思っています。

Black Dogのサウンドは前に聴いたときもすごく印象的だったのですが、あらためてじっくり聴いてみて、はっきりいって個人的には今最も好きなハムバッカーピックアップだと言えます。このピックアップを搭載したギターを自分用に1本ほしいぐらいです。特徴は渦巻くような豊富で絡み合う倍音の重なりをもっていることと、ピッキング次第でクリーンからアグレッシブで荒々しいニュアンスまでコントロールできるので、どこまでも自由奔放にニュアンスをコントロールして限界を超えて行ってしまいたいタイプのプレイヤーにはうってつけだと思われます。

このギターはトータル的に見て、オリジナリティーを追求するプレイヤーには是非弾いてみてほしいギターです。弾けば弾くほど気に入ってくるタイプだと思います。そういうタイプのプレイヤーではないとしてもこのギター自体がプレイヤーのオリジナリティーを引き出してくれる可能性も感じます。ビンテージシェイプにこだわりが無い方にはおすすめします。店頭にあります!

The Stalker

工房の顔になるとも言えるギターが完成しました。
TheStalkerはJPGのオリジナルデザインです。
ルックスは60′s-70′sのクラシカルなデザイン、弾きやすさ等の利点は現代のハイエンドギターに追従している。
メイプルスルーネック、ウイング材はマホガニーで深みのあるローに加えて歯切れの良いアタック感はまるで捕らえられたかのようでStalker(狩人)という名に相応しい。
シュローダーのストップテイルブリッジに裏通しを採用したこの組み合わせは今まで聞いた事の無いようなサスティンを得られる。もしステージ上で弦が切れてしまった場合、裏通しでなくブリッジの方で通せばすぐに弦を交換できるということも魅力。
PUはBareKnuckleのBlackDogを搭載。BlackDogはヴィンテージPAFをヘビープレイヤーの為にパワーアップしたサウンドだ。
また、TheStalkerはバッキングでもリードでもその力を十分に発揮する。重みのある低域にメイプルネックによるシャープなアタック感はずっしりし たリフを刻むプレイヤーに適している。また、リードを弾く上でもその素晴らしいサスティンと広がりのある音がよりあなたのプレイを引き立てるでしょう。さ らに、リードギタリストにとってこのスルーネック構造はとても魅力的なものの一つで、通常のネックと違いヒールが無く滑らかでハイポジションも快適に弾く ことができる。
こちらはサンプルモデルですので、お客様のご希望に合わせて何でもカスタムして製作する事が可能です。

Neck – 3 piece hard maple through-neck
Body – African Mahogany 1 3/4″ (44.5mm) thick
Fingerboard – Ebony with Mother of Pearl shark tooth inlays
Bridge – Schroeder Stoptail bridge with optional through-body or wrap around strining
Pickups – Bare Knuckle Black Dog set with custom H-gate covers
Controls – 2x Vol, 2x Tone (CTS) Toggle switch (Switchcraft)
Machine Heads – Schaller M6 chrome
F-board radius – 12″ (305mm)
No. of frets – 22
Nut width – 1 11/16″ (42.86mm)
Binding – white plastic front and neck
Finish – Polyurethane Black with clear strip down the back

price – ¥295,000

TonePros トーンプロズ 高品質ギターペグ&ブリッジ

TonePros ナッシュビルタイプブリッジ 入荷しました!

最高品質リプレイスメントパーツとして定評のあるToneProsのナッシュビルタイプブリッジです。いずれのモデルもオリジナルから改良を加えよりいっそうクオリティーを追求しています。ToneProsは造りも非常に精密で素材も良いものを使い、ギブソンやゴトーなど他のメーカーよりもはるかに品質を重視しています。ブリッジ本体とスタッドポストをイモネジで固定する方式になっていて、これは素材同士が触れる面積が多くなるつまりは音の伝導率も上がるという良い効果がありますし、弦交換の際にブリッジが本体から外れてしまってうっかりギターを傷つけてしまうというようなトラブルもありません。

TP6-Nは、スモールポストで、ギブソンレスポールやSGなどスタンダードなギターにそのままフィットします。弦溝切りはされていないタイプです。素材はニッケルです。

T3BT-Nは、ラージポストで、ミリ規格のブリッジパーツを使用するギターに合います。お持ちのギターの規格がインチかミリか判断できない場合は写真のやり取りなどでもこちらで確認できますのでお気軽に問い合わせください。こちらも素材はニッケルです。

価格は6500円になります。

TonePro クルソン ギターペグのストックもあります!

ToneProsギターチューナーペグはKluson公認のもと、オリジナル Klusonの伝統的なスタイルを引き継ぎ、それを更に改良し現代的な要求にも応えるものにアップグレードされた最高品質のパーツです。選択できるオプ ションも多く、自分のギターに合ったものを選ぶことができます。

15:1の高いギア比でより精度の高いチューニングが可能です。
ゴトーやFender純正のクルーソンタイプより若干厚みと幅を持たせたベースプレート(ネジ穴位置は同じ)により、安定したチューニングと弦の振動をしっかり伝えられる様な造りになっております。
ハイエンドファクトリーギターによく使用されている高品質マシンヘッドです。

ただいま店頭には、

6連 ニッケル プレスイン TPKF6-N 8000円

6連 クロム ボルトブッシング TPKF6B-C 8000円

6連 ニッケル ボルトブッシング TPKF6B-N 8000円

両連3:3 クロム プッシュイン TPK33-C 8000円

両連3:3 ニッケル ボルトブッシング TPKB3-N 8000円

両連3:3 ゴールド ボルトブッシング TPKB3-G 11000円

両連3:3 ニッケル ボルトブッシング ロッキングタイプ TPKB3L-N 10000円

があります。

勿論店頭にないものもオーダーして取り寄せることも可能です!